調べる・探す入手する・申し込む質問するkeio.jpを使う図書館を利用する塾内のメディアセンターコレクション

メディアセンターについて

トップページ > 概要 > 三田メディアセンター

概要:三田メディアセンター

 三田メディアセンター(慶應義塾図書館)は、三田キャンパスの4学部・6研究科に所属する教員、学生の研究・学習・教育を支えることを主たる使命としています。他方では慶應義塾のメインライブラリーの機能も持ち合わせています。


 図書館は大学の心臓だともいわれます。慶應義塾図書館は、永い年月をかけて収集した250万冊を超える、質、量ともに誇れる蔵書を有するわが国有数の大学図書館です。その蔵書は、図書、雑誌という従来のメディアに加え、電子ジャーナル・データベースといったデジタル媒体を含み、中核は文学部・経済学部・法学部・商学部の各領域に関する人文・社会科学分野の専門書です。また、創始者福澤諭吉の自筆原稿、書簡等を含む福澤文庫をはじめ、多数の個人文庫や内外の貴重書なども蔵書の重要な一郭を構成しています。旧館、新館、南館図書室の3つの建物を有していますが、書庫はほとんどが開架式を採用し、利用者が直接膨大な蔵書に接し、資料を手にとることができることも大きな特徴となっています。近年は、資料のデジタル化にも力を入れ、インターネットを通じて貴重な所蔵資料の画像発信を行うなど、社会への知的貢献も進めています。


 慶應義塾図書館の歴史は、明治23(1890)年の大学部発足に伴う「大学部書館」の設置まで遡ることができます。その後、関係者の努力によって蔵書はますます充実し、明治38(1905)年、「書館」を改め「慶應義塾図書館」が正式名称となりました。義塾創立50年を記念して、明治45(1912)年に建設された赤煉瓦ゴシック様式の旧館は国の重要文化財にも指定され、入口ホールの階段踊り場のステンドグラスは義塾のシンボルとなっています。


 さらに70年余りの歳月を経て、昭和57(1982)年新館がオープンしました。地上6階、地下5層の新館は、情報化社会の到来にふさわしい図書館を、という教職員の願いと真摯な検討により完成したものです。平成17(2005)年には南館図書室も開設しました。三田メディアセンターは教育・研究活動の拠点として、知の集積である蔵書を、後世に伝えるため保存すると同時に、学習・教育・研究に大いに活用されるよう最善の環境を追及しています。