keio

使命・将来像・中期計画

メディアセンターの使命

メディアセンターは、慶應義塾の創始者福澤諭吉の建学の精神のもと、次の使命を担って国内外の学術活動ならびに社会に貢献する。

  1. 学術情報を収集・組織・保存・提供することにより、慶應義塾大学における学習・教育・研究・医療活動を支援すること。
  2. 慶應義塾大学における学術活動の成果の発信を支援すること。
  3. 学術・文化の担い手として学術情報を後世に伝えること。

メディアセンターの将来像

  1. 世界中の価値ある資料を簡便に利用できる環境を提供する。
  2. 学習活動や研究活動の変化に対応できる基盤環境を提供する。
  3. 学生の主体的・自律的学習を支援する。
  4. 急速に多様化する研究活動を支援する。

メディアセンター中期計画2016-2020

メディアセンターは、ここに掲げた将来像の実現を目指し、適正な保存スペース、利用施設、 および財源の確保を常に意識しながら、以下の 3つの領域の指針に従って事業計画を具体化し 実行する。個々の計画の実施をより堅固なものにするためには、適切な図書館情報システムの選択が重要な課題となる。同時に施策の効果を最大限に発揮するために、絶えざる人材育成、適切な人員配置、無駄の無い組織づくり、塾内外との業務連携等に配慮し、効率的な運用体制 の維持に注力しなければならない。そして義塾の国際展開をも視野に入れ、世界をリードする 学塾に相応しい図書館を目指す。

▶領域1 蔵書

  1. 学術情報流通の変化、利用動向を常に把握し、適切な媒体での資料収集に加え、既存蔵書 を評価し最適な蔵書構成、および資料配置を目指す。
  2. 研究および医療活動を支える環境の維持、発展を確保できるよう、電子資源契約を学内の合意を取りながら慎重に進める。
  3. 分担収集や共同保存について、塾内のみならず塾外機関との連携をも目指す。
  4. 慶應義塾が所蔵する特色あるコレクションを発展、充実させ、公開を進める。
  5. 慶應義塾の学術成果の機関リポジトリへの搭載を拡充し、情報発信を強化する。

▶領域2 教育支援

  1. 自ら考え、課題を解決する力を養う学習や教育を支援するための資料を収集、保存し、最適な利用環境を提供する。
  2. 多種多様な資料から効率的かつ効果的に情報を検索し、適切に活用できる知識や技術を獲得できるよう人的支援を強化する。
  3. 留学生、生涯学習者、障がいのある学生など学習者の多様性に配慮し、変化する教育内容や教育方法にも対応できるよう蔵書、施設、および人的支援の充実を図る。
  4. 安全で安心であるとともに、多様な学習スタイルに対応できるよう館内環境を整備する。

▶領域3 研究支援

  1. 卓越した研究および医療活動のために必要な資料を収集、保存し、最適な利用環境を提供する。
  2. 研究成果のオープン化を進めるために、塾内外の関係者との連携を強化し、研究成果の発信を支援する。
  3. 世界の研究動向や義塾の研究状況を把握し、関係部門に情報を提供する。また、研究活動にとって有効な最新の技術動向を調査、検証し、図書館サービスとして提供する。

メディアセンター中期計画2016-2020 : 2016-2018進捗報告

図書館を取り巻く環境が変化し続けるなか、中期計画期間の半ばを過ぎたところでその進捗状況を確認する振り返りを⾏い、計画の更なる推進を⽬指すこととした。この計画は全メディアセンター共通の総論であり、具体的な事業計画は各メディアセンターに任されているため、この報告は概要にとどめる。

過去3年間の特筆すべき中期計画の実践に⼤きくかかわる活動は3つある。まず 2016 年 4 ⽉に運⽤を開始した⼭中資料センター2 号棟へ書架狭隘化を解消するために資料を選定し移動したこと、次に2017 年 11 ⽉に図書館サービス品質評価のための調査 LibQUAL+®を実施したこと、そして2017 年 5 ⽉に早稲⽥⼤学図書館と、システム共同利⽤による連携強化に関する覚書を交わし、2019 年 9 ⽉の新図書館システム運⽤開始を⽬指して準備を進めていることである。

財政上の制限がある中でも、LibQUAL+®においては蔵書とサービスともに概ね利⽤者の期待に応えているとの評価を得ることができた。以下、領域ごとに報告する。

▶領域1 蔵書

  • 図書や雑誌は、各メディアセンターの⽅針に沿った除籍や保存書庫内の重複資料の除籍を慎重に進め、配置場所を確保しながら、限られたスペースでの最適な資料配置を⾏っている。
  • 電⼦ブックは、KOSMOS の検索結果から購⼊希望が出せる新たなサービスを導⼊した。
  • 電⼦ジャーナルの価格⾼騰に対しては、担当理事を含めた「学術コンテンツ整備連絡会議」を設⽴し学内での合意形成を⽬指したほか、経常費以外の予算の獲得、メディアセンター内で地区を超えての予算拠出を試みる等の努⼒を継続している。
  • 早慶両校の蔵書が同時に検索できるよう、新システムに向け⽬録データの整備を進めている。

▶領域2 教育⽀援

  • キャンパスの特性に沿ったオリエンテーション、貴重書を活⽤した授業⽀援、学部⽣・⼤学院⽣によるピアサポートなどを地区ごとに⼯夫し発展させながら⾏っている。
  • LibQUAL+®で明らかになった利⽤者の要望等を参考に、館内の改修や環境整備を進めている。

▶領域3 研究⽀援

  • 学内で⽣み出される研究成果を慶應義塾⼤学学術情報リポジトリ(KOARA)で公開し、その可視化を進めている。
  • 「慶應義塾⼤学メディアセンターデジタルコレクション」により、保有するスペシャルコレクションを、世界標準規格 IIIF に準拠した画像で順次公開している。

【展望】
始動が迫る早稲⽥⼤学との新図書館システム共同運⽤の安定的稼働が優先課題となる。新システム導⼊により、利⽤者に分かり易い貸出規則への変更等によるサービスの⼀層の向上図り、また業務効率化とコスト削減を⽬指す。電⼦ジャーナルの価格⾼騰問題に対しては、パッケージ契約の打ち切りも含む新たな対応策を、利⽤環境レベルの維持を考慮しつつ検討していかねばならない。